保険は見直しが必要です

保険の見直しを行うタイミング

保険の見直しを行うタイミングとはいつでしょうか。大きなものとしては3つあります。
まずは結婚です。
扶養する相手ができますのでそのことを加味した内容に変更する必要があるでしょう。
契約者本人が夫なのか妻なのかによっても、万が一の際に必要な保障内容は違います。
この場合、パートナーが働いているのか、どうでないのかという事は大きなポイントとなります。
次のタイミングは出産の時です。
これは子供の人数によっても変更が必要です。
子供を一人育てるには1000万円が必要となるという試算もあります。
これら二つに関しては遺族に対する公的な保障もあります。

しかし、子供の有無や年齢によっても保障内容は大きく変わるのでしっかりと確認し理解が必要です。
それ以外には、住宅購入の際にも見直すタイミングとなるでしょう。
なぜなら住宅ローンを契約する本人が亡くなった場合、その後の支払いは免除となる契約もあるで、これも死亡した際の保障の一つと言えます。

この他にも子供が成人した場合や、転職した際などもあるでしょう。
少なくても一年に一度は契約内容を確認し、漏れや不要なものがないかチェックしていくことも大切です。
万が一のときに慌てないように、しっかりと保障内容を理解しておくことが大事です。
社会情勢の変化によっても必要な保障は変わってくるので、保険とは契約したままで安心するのではなく家計を圧迫することのない範囲で手厚く賢く付き合っていきたいものです。

Copyright (C)2017保険は見直しが必要です.All rights reserved.